このエントリーをはてなブックマークに追加

Output this information

Link on this page

正法眼蔵随聞記 / [道元述] ; [懐奘編] ; 安良岡康作校注・訳
ショウボウ ゲンゾウ ズイモンキ
(JapanKnowledge Lib : ジャパンナレッジ Lib ; . Web版新編日本古典文学全集 ; 44)

Publisher 東京 : ネットアドバンス
Year 2010.11
Authors 道元(1200-1253) <ドウゲン>
懐奘(1198-1280) <エジョウ>
安良岡, 康作(1917-2001) <ヤスラオカ, コウサク>
小学館 <ショウガクカン>
ネットアドバンス <ネットアドバンス>

Hide book details.

Links to the text Library On-campus access

OB00125589 JapanKnowledge Lib (電子ブック) / 同時アクセス数2


Hide details.

Material Type E-Book
Media type 機械可読データファイル
Size 1オンラインリソース
Notes 原資料の出版事項: 東京 : 小学館, 1995.3
アクセス:WWWによる
底本: 慶安本
原資料の巻数: 44
作品紹介: 鎌倉仏教のひとつ、曹洞宗の開祖・道元の法語を平易にまとめる:中国(宋)での修業を終え、悟りを開いた道元は、最初の曹洞禅の道場を京都深草の興聖寺に開く。そこで語られた法語を、弟子の孤雲懐奘(こうんえじょう)が聞くに随(したが)って筆録したもので(ゆえに「随聞記」)、仏道修行についての心構えや覚悟が、平易に説かれている。懐奘はのちに道元のあとを受け、曹洞宗の本山・永平寺の二世となった。
Subjects BSH:正法眼蔵随聞記
Classification NDC9:918
NDC8:918
Language Japanese
ID 8000075494

 Similar Items