このエントリーをはてなブックマークに追加

Output this information

Link on this page

歎異抄 / [親鸞述] ; [唯圓編] ; 安良岡康作校注・訳
タンニショウ
(JapanKnowledge Lib : ジャパンナレッジ Lib ; . Web版新編日本古典文学全集 ; 45)

Publisher 東京 : ネットアドバンス
Year 2010.11
Authors 親鸞(1173-1262) <シンラン>
唯圓 <ユイエン>
安良岡, 康作(1917-2001) <ヤスラオカ, コウサク>
小学館 <ショウガクカン>
ネットアドバンス <ネットアドバンス>

Hide book details.

Links to the text Library On-campus access

OB00125590 JapanKnowledge Lib (電子ブック) / 同時アクセス数2


Hide details.

Material Type E-Book
Media type 機械可読データファイル
Size 1オンラインリソース
Notes 原資料の出版事項: 東京 : 小学館, 1995.3
アクセス:WWWによる
底本: 西本願寺藏「蓮如本」
原資料の巻数: 44
作品紹介: 浄土真宗の開祖・親鸞の「悪人正機説」の教えを説く:親鸞の死後、親鸞の意図に沿わない信徒たちを見て嘆いた直系の弟子が、親鸞の本意を改めて語ろうとした。〈善人なほもつて、往生を遂ぐ。況んや、悪人をや〉(善人でさえやはり、往生を果すのだ。まして、悪人は言うまでもないことだ)の一文は特に有名。作者は、親鸞に師事した唯円といわれる。しばらく禁書扱いされていたが、今では浄土真宗の重要な聖典のひとつ。
Subjects NDLSH:歎異抄
Classification NDC9:918
NDC8:918
Language Japanese
ID 8000075495

 Similar Items